スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
    グループとのあつれきが強まる可能性もある
    0
      講習会を主催した甲府駅前郵便局の加々美英明局長は顧客との接点を増やすことで色々な商売につなげたいと意気込む。
      高齢者見守りサービスそのものでは大きな収益になりにくいが、日ごろの接点を増やすことでかんぽ生命の保険商品などの売り上げにつなげる。
      ゆうちょ銀も上場後、郵便局ネットワークの活用に本腰を入れる。
      来年2月から三井住友信託銀行、野村ホールディングスと共同で設立する個人向け資産運用会社が作る投資信託を販売。
      資産運用ビジネスを通じて貯蓄か ら投資へという流れの受け皿を目指す。
      今年7月には米アメリカンファミリー生命保険のがん保険を取り扱う郵便局を2万の普通郵便局全てに広げた。
      郵便局網をフル活用する流れは上場を機に一段と活発になりそうだ。
      もっとも、業績は下降局面に入りつつある。
      持ち株会社日本郵政の2016年3月期の連結純利益は前期に比べて23%減の3700億円となる見通し。
      収益の柱である金融2社でゆうちょ銀が13%減の3200億円となるのが響く。
      かんぽ生命も3%増の840億円にとどまる。
      収益への貢献度が特に大きいゆうちょ銀行は、総額200兆円の運用資産の収益改善に取り組む。
      外債や株式への分散投資を拡大し、国債の金利 低下による減収を補う計画だ。
      グループ中期経営計画では日本郵政の18年3月期の純利益を4500億円程度まで回復させる方針。
      それでも14年3月期の 4790億円には及ばない水準だ。
      郵政グループは貯金を集めて国債で運用するという従来の事業モデルからの転換を探っている。
      その中で郵便局は貯金を集めるだけではなく、プラスアルファの収益を上げられるかどうかを突きつけられている。
      140年の官業としての歴史が育んだ政治との関係も難しい。
      日本郵政グループには全国郵便局長会など、政党と直接パイプを持つグループがある。
      収益向上をめざして上場後に経営改革を進めれば、こうしたグループとのあつれきが強まる可能性もある。
      さて、「大宮でホットヨガ|体験」に関するこんな情報を発見!!シャアしたいと思います。
      大宮ホットヨガ体験
      大宮にあるヨガ教室のなかで最近特に話題に上っているのがホットヨガです。
      室温と湿度を高く設定したスタジオの中で行うのが特徴で、暖かい環境の中で体が伸ばしやすく、普段はなかなかできないような難しいポーズにもチャレンジしやすくなります。
      そして最大の特徴が暖かで湿度の高い環境の中でヨガを行うことで、一般のスタジオで行うヨガよりも大量の汗をたっぷりとかけると言う点です。
      汗をかくことでデトックス効果によって代謝もあがり、冷え性や肩こりなどのような女性特有のさまざまな悩みを解消するためにもとても効果があります。
      JUGEMテーマ:ホットヨガ


       
      posted by: miya112yh | 開発 | 15:35 | comments(0) | - |
      科学の努力が今こそ求められている
      0
        英医学誌に2013年に発表された論文によると、68万人のうち3150人ががんを発症しており、CT検査を受けていないが、がんになった人たちと比べると、検査を受けた人は24%発がんのリスクが高かった。
        1回の検査での被曝量は平均4.5ミリシーベルトと推定される。
        新しい知見に対し専門家の見方は保守的だ。
        定説を見直すには至らないと甲斐倫明・大分県立看護科学大学教授は言う。
        数が多い場合、必要な情報が消えてしまうこともと指摘する。
        31万人とか68万人の分析は過去数十年にわたって蓄積された記録を後から調べ直した。
        データは 最初からこのような分析をするために集めたものではない。
        従って、計測法による線量のばらつき、喫煙や飲酒など対象者の生活習慣の違いといった被曝線量以外の要因が紛れ込むことを完全に回避するのは難しい。
        また、CT検査を受けた人は何らかの受診理由があったはずだ。
        がんになる前兆がすでにあったのかもしれない。
        仮に研究が示唆する影響が本当にあったとしても、それは既存の放射線防護の考え方を見直すことにはならない。
        低線量の影響は不確実ではあるが、線量がどんなにわずかであっても影響があるとみるのが、すでに標準的な考え方になっているからだ。
        福島の住民については事故による大人のがんの増加は予測されないとされるが、この判断を大きく変えはしないだろう 。
        小さな子については念のために慎重にみる必要は依然として残る。
        ここで紹介したような新しい知見に対し専門家が慎重なのは当然だろう。
        科学では健全な懐疑心が大事だからだ。
        新しい材料が提出されるたびに判断が変わるのも困る。
        しかし研究が現段階で不完全であっても、決してムダではないと思える。
        放射線の影響については20世紀半ば、原子力開発の初期に精力的に研究されたが、その後は下火になっていた。
        旧ソ連のチェルノブイリ原子力発電所事故や福島第1原発事故を経て、いま再び光があたっている。
        疫学研究だけではなく、細胞や遺伝子レベルで放射線の影響を知ることも重要だ。
        近年の遺伝子研究などの発展を考えれば、半世紀前にわからなかったことがわかるか もしれない。
        わからないを少しでもわかるようにする科学の努力が今こそ求められている。
        さて、お役立ちサイトを紹介して今日のブログは終了します。
         <風水的にお勧めの財布を買う時期・使いはじめ>
        そして「購入すると良い日」というのもあり、それは「開運日」と呼ばれる「立春(2/4〜3/4までの時期)」と「秋分(9/23〜11/24までの時期)」、そして寅の日や満月、新月、大安などです。
        この時期に購入すると「お金をぱんぱんに張る(春)」とも言われて縁起が良く、そのためデパートなどでは新年や立春前に「春財布」セールが開かれているのをよく見かけます。
        また風水では、このような良い日に購入したものを「使い始めると良い日」というのもあり、それも大安や寅の日、満月・新月、そして巳の日や天赦日、一粒万倍日だそうで、使い始めはとにかく沢山のお金を入れて(一枚本物を載せたダミーでも可能)置くと良いそうです。
        風水財布買う時期
        JUGEMテーマ:風水


         
        posted by: miya112yh | 不安 | 14:56 | comments(0) | - |
        脱デフレ戦略を構築する必要がある
        0
          わたしたちは 日銀がデフレ脱却を目指すにあたって、2年で2%目標達成という時期にこだわらず経済全体の姿や金融市場の動向などに幅広く目配りしながら政策対応をすべきだと主張してきた。
          その意味で、黒田総裁が会見で物価だけが上がればよいわけではなく、経済全体がバランスのとれた形で目標を達成するのが重要と述べたのは理解できる。
          ただ、黒田緩和の主眼は物価目標の達成をとにかく急ぐことだと受け止めてきた内外の市場関係者が多いのも確かだ。
          そうした目で見れば、物価上昇率がゼロ%近辺で低迷しているのになぜ追加緩和をしないのかという疑問が出ても不思議ではない。
          日銀にはより丁寧な説明が求められよう。
          政策の先行きへの不透明感も高まっている。
          総裁は会見で政策手段に 限界があるとは思わない」と述べたが、国債購入額を思い切って拡大する量的緩和の余地はそれほど大きくないとの見方が多いのは否定できない。
          日銀が言うように、物価の基調自体は悪化していない。
          雇用の改善で賃金上昇が加速すれば、さほどの追加緩和をしなくてすむ可能性はある。
          その一方で、新興国の経済悪化などで世界経済や市場環境が不安定になれば、目標達成がさらに遠のき、何度も追加緩和を迫られるかもしれない。
          大胆な緩和でインフレ期待を一気に高めようとした黒田緩和は短期決戦型の政策でもあった。
          日銀は長期戦も視野に入れた脱デフレ戦略を構築する必要がある。
          お役立ちサイトのご紹介です。
          あじかん焙煎ごぼう茶って結構高いんです!
          その芳ばしい美味しさに惚れ込んで毎日飲むようになり、お試しセットが終わったので、正式に申し込みをしたんです。
          がっしかし、商品が届いてコンビニで支払いする段階で、ふと思ってしまったんです。
          「なんか、高いなあ〜」って!
          あじかんのごぼう茶って結構高いんです!!
          もちろん知ったうえで買ったのですが、払う段階で「やっぱり高いかも」……って。
          あじかん・ごぼう茶
          JUGEMテーマ:ごぼう茶

           
          posted by: miya112yh | 妥当 | 11:57 | comments(0) | - |
          数値目標はいささか大志が過ぎる
          0
            首相が新方針で子育て・介護支援を重視したのは妥当だ。
            働き手の減少を抑え成長力を高めることにつながるからだ。
            だが全体に、高い目標の実現への道筋が見えない上、歳出効率化策を伴わないため、財政膨張の懸念を拭えない。
            第一の矢で掲げた2020年度ごろにGDP600兆円の目標は財政健全化計画の前提の594兆円に由来する。
            税収の伸びに期待し3%台の 高い名目成長を見込んだ結果だ。
            民間の名目成長率の予測はほぼ1%強にとどまる。
            つまり財政収支の辻つまあわせに超強気の成長率を置いたのだが、首相はそこに目標の色彩を加えた。
            統計基準改定でGDPが20兆円膨らんでも目標達成には年3%の成長が要る。
            第二の矢の子育て支援では、出生率を今の1.4強から20年代半ばに1.8へと高める。
            将来の成長には必須だし、子育て支援は働く母親を励ます。
            とはいえ出生率が1.5を切った約20年前から保育の充実などを進めてきたのに効果は小さかった。
            約10年で1.8にするのは常識的な政策では難しい。
            第三の矢の社会保障充実では、年10万人の介護離職者をなくすため介護施設の整備などをうたう。
            特別養護老人ホームの土地取得費と建設費は、 東京の場合で入居者1人当たり2千万円以上。
            かなり金がかかる話である。
            出生率向上や介護支援は大事だから財政を活用して急ぐ意味はある。
            だが、それに見合う社会保障などの歳出効率化策を示してはいない。
            一方、各省庁は首相方針を受け政策を準備中。
            子育て・介護支援のほか、例えば防災・減災のための国土強靱化投資も名目3%成長を目指す新3本の矢が追い風となる。
            安倍さんは財政規律を重視しており、国債発行額を増やすことはないと財務省幹部。
            海外投資家の目も厳しいので財政健全化計画は尊重するだろう。
            だが、そこはそれ、裏の道もある。
            年度当初の予算では健全化計画に沿って国債発行額を減らし、補正予算で増発する。
            過去にも多用した手だ。
            幸か不 幸か日銀の国債購入の効果で金利は低いまま。
            国債頼みの財政膨張に火がつきやすい。
            その国債を買って事実上国の台所を助けているのが日銀。
            今後、政府・与党から日銀には、どんな"矢"が飛ぶのだろう?
            緩和策による円安は輸入品価格を上げ有権者の評判がよくない。
            政治家は一層の円安につながる追加緩和をもはや望まない。
            その代わり年80兆円の国債購入を続け財政活用を支えるよう期待するのではないか。
            それには政治日程も絡む。
            来夏の参院選に勝てば、首相は自民党総裁任期の18年秋まで続投しよう。
            17年春に10%への消費増税を予定。
            沖縄の基地移設問題があり、憲法改正の旗も降ろしていない。
            3年程度は支持率維持へ財政を有効に使いたいところだろう。
            つまり今 後3年程度は日銀に側面支援の期待がかかる公算。
            だが今は低いインフレ率も3年内には、人手不足による賃金上昇や原油価格反転から目標の2%に届く可能性がある。
            米連邦準備理事会のイエレン議長は先月金融政策は実体経済に効果を及ぼすまで時間がかかるので、インフレ率などが目標に届く手前で金利引き上げを始める必要があるとの考えを述べた。
            日銀の場合、目標の手前どころか2%に届いた後も、政治的要請から緩和の幕引きが遅れる恐れがある。
            その時、投資家が国債の利払い増加による財政破綻を心配して国債売りに出れば長期金利は急騰。
            円も売られてインフレに弾みがつき惨劇の幕が上がる。
            こうした事態を避けインフレ下でも国債金利を抑えるため予想されるのが、日銀の 国債購入に加えて民間貯蓄を様々な手段で国債に集める一層の金融抑圧策。
            金融抑圧が強まると元日銀幹部の翁邦雄京大教授はみる。
            企業の資金調達を妨げるなど副作用もある。
            もしインフレ率の低迷が続き日銀が今の調子で国債購入を続ける場合には、その保有額が18年末に国債発行残高の61%に達する。
            この比率はFRBでも2割強。
            資産バブルを招きかねないほか、緩和策を終える際の難しさを倍加させるなど多くの問題の火だねを作る。
            アベノミクスの第1段階に続き第2段階でも日銀頼みなら危うい。
            金融緩和に頼らずに成長と財政健全化の両方を追えないものか。
            それには社会保障の膨張を抑えるため給付削減などの改革は必須。
            規制緩和による投資環境の整備が急がれるし、移 民受け入れもタブー視してはなるまい。
            そうした難しい改革においてこそ「1強」の指導力を拝見したいものである。
            お勧めサイトのご紹介です。
            こんにちは、デザイン会社を主宰してる、北野と申します。
            私は、『シェットランドフォックス SHETLANDFOX』を、こよなく愛する男になってしまいました(笑)
            ……なぜ、そこまで言わしめるのか?
            シェットランドフォックス
            JUGEMテーマ:靴ブランド

             
            posted by: miya112yh | 妥当 | 11:10 | comments(0) | - |
            日本周辺の水産資源などへの影響を探る
            0
              国際プロジェクトには日本から国立極地研究所や海洋研究開発機構、北海道大学が中心になって参加し、20年3月まで取り組む。
              米アラスカ大学国際北極圏研究センターやロシアのヤクーツク研究拠点など9つの大学や研究機関と連携する。
              日本は若手研究者約90人を国際連携拠点などに派遣する。
              観測の空白域を埋めるためにカナダが17年に設ける国際基地にも参加を予定している。
              プロジェトでは、14の研究テーマに取り組む。
              例えば、夏場に海洋機構の海洋地球研究船み らいを使い、海氷が減少している地域で大気や海の状況を観測して環境変化の実態を把握する。
              海面上昇との関連が指摘されているグリーンランドの氷の流出メカニズムを探る研究も推進し、掘削した氷の柱を使って過去6万年間の気候や氷床の変化を明らかにする。
              気候変動がホッキョクグマやアザラシなど北極圏にすむ動物にどんな影響を及ぼすかも探る。
              人工衛星や観測船では海氷の下の状況がよくわからない。
              このため海洋機構は2016年度から、海中を動き回って温度や塩分濃度などを測定する無人観測システムの開発に取り組む。
              また、観測用の研究船の概念設計も手がける計画だ。
              文科省は関連予算として5億6200万円を来年度の概算要求に盛り込んだ。
              政府は16日、北極海航路や資源 開発をにらみ、北極圏をめぐる初めての基本政策を決定した。
              文科省はこれを受け、北極圏での研究を強化する。
              将来、北極海での航路の利用や沿岸域での資源開発を進めるうえで、環境変動を科学的に解明することが求められている。
              レコメンド・メッセージです!
              バストは大きさや形も気になるところですが、それだけではなく、普段は人に見えていない乳首の黒ずみで悩んでいる女性は少なくありません。
              白人女性の場合は大人の方もピンク色のきれいな乳首をしていることが多いですが、日本人の場合は茶色っぽい色の人が多くなっています。
              乳首黒ずみ
               
              posted by: miya112yh | 開発 | 11:32 | comments(0) | - |
              創薬ベンチャーの新薬開発が活気づいている
              0
                和のひすいBLOG………
                ナノキャリアはミセル化ナノ粒子という微粒子で抗がん剤を包み、がん細胞に効率よく届ける技術が強みだ。
                台湾の製薬会社オリエントユーロファーマと提携し、アジアに販路を広げる。
                膵臓がんの治療薬NC―6004は最終段階の治験を台湾やシンガポール、韓国などアジア各国・地域で実施。
                今月1日から日本でも始めた。
                日本化薬に開発権を一時金5億 5000万円で譲渡した乳がん治療薬NK105は国内での治験を終えた。
                16年3月までに販売に必要な承認申請をする見通しだ。
                デ・ウエスタン・セラピテクス研究所は国内で緑内障治療薬グラナテックの承認を取得、昨年末から興和を通じて販売を始めた。
                ピーク時に年76億円の売上高を見込み、収益の一部を受け取る。
                緑内障薬H―1337の動物実験も来年の開始を検討する。
                新薬開発に勢いがあるのは、資金調達の環境が改善しているからだ。
                一般財団法人ベンチャーエンタープライズセンターによると、14年度の国内ベンチャーキャピタルのバイオ・製薬部門への投資額は約150億円と13年度比で5割増えた。
                2年前と比べると3倍の水準。
                14年度の全分野の投資額が36%減っているのとは対照的だ。
                創薬ベンチャーは00年ごろから起業が相次いだ。
                ただ05年以降は資金不足で経営に行き詰まる例も目立ち始めた。
                その後もリーマン・ショックの影響で資金の流入は伸び悩んだ。
                新薬開発は長期戦になるため10年ほどで投資回収を求めるVCから敬遠される傾向が強かった。
                風向きが変わったのは12年ごろだ。
                京都大学の山中伸弥教授がiPS細胞の研究でノーベル賞を受賞したのを機に、政府が再生医療や創薬を育成する方針を打ち出した。
                市場は再びバイオ関連企業に注目し始めた。
                いちよし経済研究所の山崎清一首席研究員は創薬ベンチャーは投資回収に向かっていると指摘する。
                商品化が秒読み段階に入った例が増え、 欧米の製薬大手と共同開発を進めることで上場当初から利益を確保する企業も登場し始めた。
                こうした変化が資金を呼び込む材料になっている。
                JUGEMテーマ:ビジネス情報
                posted by: miya112yh | 改善 | 11:30 | comments(0) | - |